ナチュレホーム 福井の自然素材デザイン住宅「ナチュレの家」
社長ブログ

2018年1月

20坪・平屋の建築費

近年「20坪程度の平屋建て」のニーズが高まっており、当社にもちょくちょくご相談があります。

その中でも一番多い勘違いがコスト面です。

なんとなく「平屋は安い」と思っている人も多いですが、現実は「平屋は高い(割高)」です。

20坪の平屋建てと40坪の2階建てを比較してみると良くわかります。

キッチン・お風呂・トイレ・洗面など生活に必要なものは20坪・40坪問わず同じ数だけいります。

ということは水道工事も同じコストがかかります。

40坪の総二階建てなら屋根と基礎は同じ面積(コスト)がいります。

外構費用も同じくらいではないでしょうか。

それでは20坪と40坪では20坪の方が高いの?

そうではありません、もちろん40坪の方が高いです。

20坪平屋というのは高いというよりも非常に割高なんですね。

ここでまた思い違いがよくあります。

「20坪の平屋が割高ということは分かった。」

と、割高分を予想されるみたいですが実際は、その予想よりも割高です。

当社のローコストデザイン仕様では40坪で45万円/坪(税別)を目安価格に資金計画などを立てます。

「45万円/坪だから割高になって50万円/坪くらいかな。」

と、思われている方々が非常に多いです。

実際は1.5倍前後になりがちです。

平屋のコスト面での現実的な情報がまだまだ少なく、参考までに書いておきました。


バナー-004.jpg

_____________________________
お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

バナー1.jpg

本バナー.png



除雪

この雪、勘弁してほしいですね!

除雪ばっかしてます・・・。

ただ年末に除雪車を買いました!

慣れてくると楽です!

昨シーズンまでは人力で会社駐車場や作業場駐車場の除雪を行っており、もともと腰痛持ちの坂井は疲労がたまりギックリ腰に・・・。

これで少しは負担が軽くなると。

現場の除雪もあるためトラックで運べる一番小さい除雪車です。

P1250004.JPG

こんな小さいですが重量1t以上。

見た人からは結構な割合で「これでいくらするの?」と聞かれるため正直に答えるのですが全員ビックリしています(笑)

小さくても重機ですから高いですよ。

運転も最初は四苦八苦しましたがコツをつかんでくるとスピーディーにキレイに出来るようなりました。

それでもあまり降らないでほしいです・・・。


バナー-004.jpg

_____________________________
お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

バナー1.jpg

本バナー.png

TV撮影2018

今年も「断熱体験会」を取材して頂きました。

毎年毎年ありがとうございます!

今年は坂井のキャラと合わないような動き、演出?があったのですが、こっちは取り上げてもらう側ですし、ディレクターさん達も考えて指示してくださっているので、すべて従いました。

正直、ちょっと恥ずかしいのですが(笑)・・・。

こちらは福井テレビさんの撮影風景。

1月22日(月)17:30頃、放送予定です。
IMG_8824.JPG

こちらはFBCさん、ナレーターの宇野さんは今回で3回目の来社です。

1月26日(金)16:30頃、放送予定です。
FBC2018.JPG


バナー-004.jpg

_____________________________
お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

バナー1.jpg

本バナー.png

森田の家 現場レポート1月

「森田の家」大工工事も完了し仕上げ工事に入っています。

漆喰部にはひび割れ抑制のグラスファイバーテープが張られています。

グラスファイバーというのはガラス繊維でできた強固なメッシュテープです。

グラスファイバーテープ.jpg

見た目と裏腹に、人間の手で引きちぎることは出来ないくらい強いです。

ボードの継ぎ目や角部に張ります。
P1110004-001.JPG

P1110003-001.JPG

クロス補修のアフターで伺った時にオーナー様より「何で、漆喰は何ともないのにクロスは隙ができるんやろ?」とおっしゃっていました。

漆喰とクロスの製品の違いよりも、このグラスファイバーテープの有無なんですね。

それならばクロス下地にも張ればいいんじゃない?

クロス下地にテープを張ると、そのオウトツが浮き出てしまうので張れないんです・・・。

こちらはクロス下地施工、ビスや角部をパテ埋めしています。
P1110005.JPG


バナー-004.jpg

_____________________________
お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

バナー1.jpg

本バナー.png




冬あたたかいと夏暑い?

現在「断熱体験会」を開催中で、ご来場いただいたご家族の方には好評をいただいております。

そんな中「真冬にこれだけあたたかいと夏は暑いんじゃないの?」とご質問を良く受けます。

結論から言うと夏は涼しくなります。

理由は2つあります。

1.断熱性能の高さ

断熱性が高いということは室内の熱を逃がしにくいということで夏エアコンなどの冷気を外に逃がさないということです。

当社のオーナー様方は、住んだ後の感想で
「冬は夜に使っていた暖房の熱が朝になっても冷めない、夏は夜に使っていたエアコンの冷気が朝になっても涼しいまま」とおっしゃいます。

これが断熱性能です。

2.素材の特性。

分かりやすく木材と鉄で比較します。

真冬に公園のフェンスなど鉄製のものを触ってみると氷のように冷たいですが、木はそこまで冷たくありません。

真夏に上記同様のことをしてみると鉄は触れないほど熱いですが、木はそこまでではありません。

「ナチュレの家」では多孔質な無垢床材を標準仕様しています。

多孔質とは空気を多く含んでいるということです。

表面に空気を含む床材が当社が使用している床材。

表面が固くシートを貼っている床材が新建材の床材。

例えが極端ですが当社の床材が「木」、新建材の床材が「鉄」といった感じです。

冬あたたかいと夏あつい?シンプルに考えると当然思う疑問です。

「ナチュレの家」は夏涼しく冬あたたかい家ですよ!

期間限定(2月末まで)の「断熱体験会」ご予約お待ちしております!

バナー-004.jpg

_____________________________
お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

バナー1.jpg

本バナー.png


「かわいい家 photo」

「かわいい家photo」というサイトを運営している会社より掲載依頼があったので、当社のモデルハウス1号である「ナチュラル&アンティークな家」を掲載しました。

もう建築してから5年経つんですね。

今見ても良い家です。

年月が経つごとに味が出るアンティークハウス。

全国各地の「かわいい家」も掲載してます。

ぜひご覧ください。

かわいい家photo→https://kawaii-iephoto.jp/


バナー-004.jpg

_____________________________
お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

バナー1.jpg

本バナー.png



2018あけましておめでとうございます!

新年あけましておめでとうございます!

本年も宜しくお願い致します!

当社は1月5日より通常営業となっております。

毎年、5日には職人さん・業者さん方が新年のあいさつに来社されるため、今年は事務所にて待機していました。

朝1番に元気よく事務所の扉を開け挨拶にこられた方がいたので、こちらもつられて勢いよく椅子から立ち上がったところ「ピキッ」とやってしまいました。

癖になっているギックリ腰です・・・。

昨シーズンはギックリ腰から起因する神経障害で入院してしまい、それ以降かなり気を付けて生活していました。

その甲斐あって毎年11月から始まっていたギックリ腰の複数回発症がなかったのですが、ついに・・・。

新年早々テンションが下りそうですが、持ち前のプラス思考で今年も元気に頑張っていきますので宜しくお願い致します!


バナー-004.jpg

_____________________________
お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

バナー1.jpg

本バナー.png

カテゴリー

月別アーカイブ

かわいい家photo

ナチュレホームについて

社長Blog
フェイスブック