ナチュレホーム 福井の自然素材デザイン住宅「ナチュレの家」
社長ブログ

「ナチュレの家」ブログ

江端の家 外観

【外観】

間口が狭く、軒の出が出しにくい立地条件のため正面以外の三方は耐久性の高いガルバニューム鋼板を採用。

正面は塗り壁とパインの羽目板。

ポーチを広めにとりお子様の自転車置き場にも。

もちろんスロープも付けました。

IMG_0088.jpg

西日とデザインを考慮して袖壁を斜にしました。
IMG_0091.jpg

「冷たい感じにはしたくない」との施主様からのご要望もあり、玄関周辺はパイン材を使用。

ブラックとオーカーの色合いは良く合います。
IMG_0096.jpg

お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

バナー1.jpg

本バナー.png

ご見学バナー.png

セルロースファイバー天井施工

4日間連続の現場作業でした。

猛暑が続き、奇跡的に作業期間は涼しくなったのですが、それでも疲れますね。

職人時代は年中現場作業が当たり前だったのですが、ひ弱になってしまった・・・。

夏バテにも負けず作業してくれる職人さん方には本当に感謝です!

打って変わって本日は終日デスクワーク。

これはこれで肩がこる・・・。

さて、画像はセルロースの天井断熱のビフォーアフターです。

施工前。
CIMG9538.JPG

セルロースの天井断熱は「葺き積もらせ施工」のため圧力がかかりません。

将来的に20%~30%程度の沈下が予想されます。

沈下後も充分な断熱性能が発揮できるよう250ミリ~300ミリ厚で施工します。

一般住宅の2.5倍~3倍の厚みです!
CIMG9539.JPG

_____________________________
お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

バナー1.jpg

本バナー.png

ご見学バナー.png

気流止め

良い断熱材やサッシを使っても、隙間だらけの家では断熱性向上にはなりません。

だからといってビニールで家全体を覆ってしまう無理やりな気密もいかがなもんか・・・。

ちなみに壁の中にあるあのビニールは30年後はどうなっているんでしょうね?

風化して気密の役目を果たさなくなっているように思います・・・。

工業製品に頼らず、素材の特性と工法・工事品質で良い家をを作るのがナチュレスタイル。

自然に気密を高めるひとつが「気流止め」というものです。

「中野の家」床セルロースファイバー断熱の準備段階です。
CIMG9529.JPG

土台や大引きの上に床下地を乗せるのですが、ジョイント部はずべて大引きの上になり隙間はなくなります。

大引きの上にも乗せるので、柱の切り込んだとこに気流が発生しがちです。

その気流を止める役目を果たすのが小さなタルキを打ってあるこれです。
CIMG9530.JPG

ちょっとしたことですが、細部までの品質管理は良い家の絶対条件です。

_____________________________
お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

バナー1.jpg

本バナー.png

ご見学バナー.png


第三者の検査

暑い日が続きますね・・・。

こんな中、作業してもらう職人さん方々には感謝です!

本日は「中野の家」上部躯体検査でした。

2009年に「住宅瑕疵担保履行法」というのが全面施工され、簡単に言うと「住宅を建てる業者はアフター保証も責任もってやりなさいよ!」という法律。

実質、第三者(国土交通大臣指定)の保証をうけないと新築できないというもの。

指定業者から登録されている設計事務所が現場検査を行います。

基礎や建物構造、防水措置など検査項目は100を超えます。

基礎であれば鉄筋のピッチや接合部等。

構造であれば耐力壁の配置や金物の施工具合等。

正直、どれも当たり前の事ばかりですが、そういったことが第三者のチェックが必要という住宅業界が悲しいですね・・・。

CIMG9512.JPG

_____________________________
お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

バナー1.jpg

本バナー.png

ご見学バナー.png

「中野の家」上棟

「中野の家」が上棟しました!

朝8時前には1本目の通し柱が建ちます。
CIMG9481.JPG

朝10時段階です。

さすが鳶さん!軽々と歩いています。
CIMG9485.JPG

夕方には予定通り屋根下地+防水紙まで施工できました。
CIMG9491.JPG

暑い中、職人さん方ご苦労様でした!

施主様もいろいろとありがとうございました!

こちらの家も完成が楽しみです!

_____________________________
お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

バナー1.jpg

本バナー.png

ご見学バナー.png


現場日記7月26日

「江端の家」仕上げに入っております。

仕上げの塗り壁下塗り。

モルタル下塗り+モルタル中塗り+仕上げ下塗り+仕上げ上塗り、と4回塗ります!
CIMG9475.JPG

内装仕上げの漆喰塗りの段取り。

ひび割れ防止にメッシュテープを貼っています。
CIMG9476.JPG

CIMG9477.JPG

CIMG9479.JPG

吹抜け部は足場を組んで行います。

この足場は坂井担当です。
CIMG9480.JPG

_____________________________
お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

バナー1.jpg

本バナー.png

ご見学バナー.png

床下湿気対策

塗り壁下地の下地、ややこしくてすいません。

「木摺り」下地と言ってモルタル下地の木下地で、非常に強固な下地です。

縦桟を打って外壁内に通気層を確保します。
CIMG9462.JPG

「床下全周換気工法」

基礎と土台の間にスぺ―サーをかまし、通気をします。

従来の換気口の1.5~2倍の換気量になります。

また細かなマス上になっているので強度確保と小動物の侵入防止になっています。
CIMG9463.JPG

床下になる木材(土台・大引き)は、すべてヒノキを使用。

「住宅性能表示基準」では薬品を塗らなくても「防腐・防蟻」が認められている樹種です。
CIMG9470.JPG

外気に面する部位はすべて遮熱透湿防水シートを貼り、その厚み90ミリにセルロースファイバーを吹き込みます。

この断熱材も調湿効果もあり、防虫効果もある優れもの。

「ナチュレの家」では床下の湿気や害虫対策はこのように行っています。

_____________________________
お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

バナー1.jpg

本バナー.png

ご見学バナー.png


制震

この時期は春着工した現場の完成と、今から着工と重なり、現場で慌ただしくなります。

「随応寺の家」順調に進行しております。

こちらは制震ブレースの画像。

取り付けることによって30%~50%の地震の揺れを軽減します。

CIMG9451.JPG

この制震ダンパーは壁の耐力計算に加算することもできるのですが、「ナチュレの家」では、筋交で壁耐力計算をして基準を満たしております。

実績のある在来工法の耐震に現代科学の制震をプラスしたハイブリッド工法です。

_____________________________
お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

バナー1.jpg

本バナー.png

ご見学バナー.png



小さくても強い会社

武生商工会議所にて講演を行ってきました!

お題は
【本物ブランディングのヒント 】
「一年待ちの工務店 小さくても強い会社の作り方」

人口減少・景気低迷で消費行動も減少する中、売り上げや会社の規模拡大よりも大事なことがあります。

特に地方の零細企業・中小企業で地域密着ビジネスの事業に当てはまります。

自身の経験をもとにブランド作りの根底となる考え方を分かりやすくお伝えしてきました。

商工会青年部の方々約70名が参加してくださったようで、講義50分・Q&A30分、ノンストップの1時間20分でしたが、あっという間でした。

特にQ&Aではリアルの質問や深入りした内容も多く、シリアスながら笑いありで、大いに盛り上がりました!

懇親会も二次会まで参加させていただき、まじめな話・バカ話(笑)と内容濃く楽しい時間でした!

事業発展のために少しでも役に立てば幸いです。

会長をはじめ担当委員の方々、青年部の方々ありがとうございました!

IMG_1906.JPG

IMG_1908.JPG

IMG_1913.JPG

_____________________________
お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

バナー1.jpg

本バナー.png

ご見学バナー.png



夏涼しい家

本日、PM2時頃に現場へ商品を搬入しにいきました。

電気工事の職人さんが作業しており窓を閉め切っていたので

「〇〇さん、窓あけんのか?」

と、聞いたところ

「家に入った瞬間から涼しくて、窓あけんほうが涼しいと思って・・・。」

とのこと、試に開けてみると暑くなってきました。

職人さんが「これがセルロースファイバーの威力ですか?」と言っていました。

断熱材だけではないのですが、重要ですね。

性能数値と体感では種類によって大きく変わります。

いろいろな家を体感してきましたがグラスウール(一般的な断熱材)を基準とすると個人的な感想は

セルロースファイバーは性能数値以上の体感が得られます。

反対に現場吹付の発泡ウレタンは性能数値以下の体感です。

これを説明しろと言われると難しいのですが・・・。

百聞百見は一験(体験)にしかず!

と言ったところで、モデルハウス見学にどうぞ!

_____________________________
お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

バナー1.jpg

本バナー.png

ご見学バナー.png

« 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13

カテゴリー

月別アーカイブ

ナチュレホームについて

社長Blog
フェイスブック