ナチュレホーム 福井の自然素材デザイン住宅「ナチュレの家」

社長ブログ

みどり葉の集い2018

母校の同窓会「みどり葉の集い」に初参加してきました。

いわゆる「同窓会」ではなく39年続いている卒業生全体の集いです。

毎年48歳になる学年が実行委員となり年配の方から若者まで卒業生に声をかけて行う大々的なイベントです。

実行委員だけで100人くらいいました・・・。

今年、集めた予算をちらっと聞いたのですがローコスト住宅買えます(笑)

5年後には自分たちの代が来ますが、こりゃ大変だ!

総会に始まり、菊池桃子さんの講演、そして懇親会と5時間があっという間に終わりました。

菊池桃子さんは今年で50歳になるそうですが変わらず綺麗でオーラがすごかったです。

今回初めて知ったのですが「みどり葉会」というものが存在し、母校の発展のために能動的に活動しているようで、この集いもその一環のようです。

その「みどり葉会」は昭和28年からあるとのこと。

卒業生には著名な方々もたくさんいますが、それ以上に卒業から30年経っても100人くらいの実行委員が集まり、このようなイベントが開催される母校を誇りに思いました。

20180609_120500.jpg

20180609_165338.jpg

最後は同窓生たちと!
1528709165845.jpg

お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

バナー1.jpg

本バナー.png

上北野の家 配筋検査

「上北野の家」基礎配筋検査です。

設備屋さんも配管施工に間違いがないか確認に来ていました。
P5260024.JPG

こちらは外構フェンスの根本になるブロック工事の基礎工事です。

境界線よりも15ミリ敷地側に入れて施工します。
P5260023.JPG

お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

brooklynstyle-002.jpg

バナー1.jpg

本バナー.png

躯体検査

店舗兼住宅の上部躯体検査がありました。

第三者10年保証の必須検査です。

構造・耐震・防水など隠れてしまう部分の検査です。

屋根裏になってしまう部分の小屋筋交い(雲筋交い)。

小屋組みの横倒れ防止施工です。
P5250014.JPG

設計通りの金物が付いているかの確認。

ビスの本数まで決まっています。
P5250017.JPG

耐震に重要な筋交の確認。
P5250009.JPG

大引きの厚み分セルロース断熱材を施工します。

厚みは9センチ、遮熱シートの下には落下防止の桟が施工してあります。
P5250010.JPG

お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

brooklynstyle-002.jpg

バナー1.jpg

本バナー.png


店舗兼住宅上棟

森田北東部での上棟です。

快晴!天気が良いとはかどります!
P5160001.JPG

通し柱と梁の接合部はプレセッターという専用金具を使用しています。

昔ながらですと「ほぞ穴」という欠きこみを柱に施すため、柱字体の強度が弱くなります。

断面欠損を最小にして耐震性・耐久性を向上させる仕様です。
P5160002.JPG

91センチおきに構造材が施工され24ミリの合板で建物の剛性というものを取ります。

この仕様も昔ながらの施工よりも強度が増します。
P5160003.JPG

夜から天気が下り坂とのことですが、屋根の防水紙まで施工でき安心です。
P5160005.JPG

お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

brooklynstyle-002.jpg

バナー1.jpg

本バナー.png

上棟前準備

上棟前の準備は何かとあります。

現場確認はもちろんですが、それ以外にも近隣挨拶や付随してくるもの。

上棟にはレッカーで材料を吊るので、近くに電線がある場合は電線に「防護管」というものを取付依頼をします。

森田の現場では、電線以外にも高圧線が通っているので北陸電力と現地打ち合わせ。

関係者に注意事項を連絡し、当日は担当者立ち合いとなりました。

P5140002.JPG

現場の方は土台伏せが完了しています。

防水紙にて雨養生も完璧です!
P5140001.JPG

お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

brooklynstyle-002.jpg

バナー1.jpg

本バナー.png

梁見せ天井先行塗装

昨日、店舗兼住宅の梁見せ天井先行塗装を施してきました。

モデルハウス1号の時は上棟後に塗装したので先行塗装の3倍以上の労力がかかりました・・・。

段取り八分ですね!

当社の床・建具・棚・柱・梁などに使う塗料は植物オイル=国産自然塗料です。

主成分は食用でも使われる亜麻仁オイル。赤ちゃんやペットが舐めてしまっても大丈夫!

また浸透性塗料のため木の呼吸を妨げず、撥水性があるので無垢の木を汚れから優しく守ります。

施工は塗ってふき取るという2段階施工。

良い塗料のため塗料代も高く、施工も2段階方式のためコストがかかりますが、そこを自社施工することでお客様負担にならないようコストダウンに励んでいます。

今回は住宅部と店舗部、また外装(屋根)部もあるので2.5日かかりました。

来週上棟!気を引き締めて!

お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

brooklynstyle-002.jpg

バナー1.jpg

本バナー.png


上北野の家 先行配管

「上北野の家」地盤改良工事が完了し先行配管工事へと進んでおります。

基礎工事に入る前の排水工事です。

二世帯住居ということで配管の数も多いです。

P5110001.JPG

お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

brooklynstyle-002.jpg

バナー1.jpg

本バナー.png



店舗住宅基礎完成

店舗兼住宅の基礎が完成しました。

現場も含め非常にきれいに仕上がっています。

基礎の立ち上がりからボルトが出ています。

土台と基礎を連結するアンカーボルトです。

壁体力や基礎配筋、厚さなど規定があるのですがアンカーボルトの規定がないのです・・・。

唯一「住宅金融支援機構(フラット35)」が2.7m以内という指針を出しています。

当社では安全側で1.8m以内としています。
P5110002.JPG

基礎が完成した後の工程は

1土台伏せ
2足場組立
3木材料搬入
4上棟

という流れです。

お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

brooklynstyle-002.jpg

バナー1.jpg

本バナー.png


地盤改良表層改良工事

上北野の家、地盤改良工事の完了です。

P4280003.JPG

地盤改良工事は木造住宅の場合、大きく分類すると2種類(表層改良、柱状改良)あります。

弱い地盤が地表から比較的浅い場合は今回のような表層改良。

弱い部分の層まで掘り起し、セメントのようなものを混ぜ地盤を強固にしていきます。

今回は1.5mまでの改良。

もうひとつの店舗兼住宅では0.7mの改良。

建物の大きさ、また改良深さによっても施工金額が変わってきます。

弱い部分が地表から深い場合は柱状改良。

硬い地盤まで40センチほどの穴を掘り、コンクリートを流し込みます。

以前施工した随王寺の家です。
柱状改良.JPG

深さ8m、合計で40本施工してあります。

太い電柱が強固な地盤まであるようなイメージです。

一般的に柱状改良の方が1.5倍から2倍ほど施工金額が高くなります。
柱状改良2.JPG

表層改良、柱状改良ともに施工後検査を行い規定の強度を保っているか確認します。

お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

brooklynstyle-002.jpg

バナー1.jpg

本バナー.png


店舗兼住宅配筋検査

店舗兼住宅の配筋検査です。

住宅を建てる際に国土交通大臣指定の保険に入ることが義務付けられています。

簡単に言うと第三者による10年保証(瑕疵保証)が付きます。

その保険に加入するために2回の検査があります。

一回目の検査が配筋検査。

基礎で隠れてしまう鉄筋が規定以上に施工されているかという検査。

もちろんOK。

P4240001.JPG

この検査時に地鎮祭でお祓いした「鎮物」というお守りを埋めます。
P4240004.JPG

お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

brooklynstyle-002.jpg

バナー1.jpg

本バナー.png


« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

カテゴリー

月別アーカイブ

かわいい家photo

ナチュレホームについて

社長Blog
フェイスブック