ナチュレホーム 福井の自然素材デザイン住宅「ナチュレの家」

社長ブログ

2階からの採光

「平林の家」は南側に隣家が接近しているため1Fの採光が取りにくい状況です。

2階の床から光を取り入れました。

現在、採光床の施工中。
P7130005.JPG

工事中にあった養生を外すと2階からの光がかなり差し込んで明るいです!
P7130006.JPG

お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

バナー1.jpg

本バナー.png


妙法寺の家 耐震パネル

妙法寺の家では耐震パネルを貼りました。

大建のダイライトという製品です。

P6280001.JPG

台風が来ているようですが、現場の方も遮熱シート貼りまで施工できてひと安心です。

P7010006.JPG

お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

バナー1.jpg

本バナー.png


鉄骨階段 黒皮現し

モデルハウスの鉄骨階段ササラが出来ました。

P6230002.JPG

一般的なのは、この状態から表面の黒い部分=黒皮を落としサビ止め塗装を施しブラックで仕上げるのですが、今回は鉄の武骨な部分や職人の手仕事=溶接跡などを表現したく見た目はこの状態。

しかしこの状態では錆びてしまうのでクリアのウレタン塗装を施します。

仕上がりが楽しみです。

P6230001.JPG

お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

バナー1.jpg

本バナー.png


平林の家 現場リポート仕上げ前

「平林の家」大工工事も完了で仕上げ工事に入っていきます。

おおまかにはシステムキッチン組立→内装仕上げ→設備機器取付という手順。

現在は床養生でふさいでありますが、2階の床部から採光があります。
P6260006.JPG

外壁の塗り壁下地(中塗り)。

2週間以上の乾燥養生期間をつくり、振動のある大工造作工事が完了してから仕上げの塗り壁を施工します。

こういったところをしっかりやることでクラック抑制になります。
P6260007.JPG

お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

バナー1.jpg

本バナー.png

外壁の先行塗装

モデルハウスで使用する木の外壁を塗装しました。

貼る前に施工する先行塗装。

外部は自然塗料ではなく耐久性の高いキシラデコールという浸透性の塗料を使用します。

外壁材は雨の流れを考慮して、1枚1枚に必ず重ね部分があります。

貼ってからでは、この重ね部分に塗装が出来ないため必ず先行塗装です。

3年前に倉庫兼作業場を購入して大活躍です。

P6220001.JPG

お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

バナー1.jpg

本バナー.png


妙法寺の家 上棟前準備

「妙法寺の家」基礎も完了し、上棟準備最終段階です。

基礎工事が完了すると配筋検査提出用の写真を撮ります。

現場および近隣配慮のため、汚れないよう砕石を敷き、ご近所さんに上棟のあいさつを済ませました。
P6200001.JPG

材木屋さんの倉庫では大工さんによる段取り加工と先行塗装です。
P6210001.JPG

上棟に向けてしっかりやっていきましょう!

お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

バナー1.jpg

本バナー.png


自然塗料 植物オイル塗装

「ナチュレの家」では内部塗装は自然塗料がベースとなっています。

亜麻仁油が主成分の国産自然塗料です。

浸透性のオイルで木の呼吸を妨げず油分で汚れや水をはじきます。

造作部材などは自社で塗っています。

自社というか坂井が塗っています。

納まりの確認が出来、現場管理の合間に出来るのでコストダウンが可能です。

些細なことでも積み重ねが大事ですね。

ふき取り施工なので木目がきれいに浮き出てきます。
P6200012.JPG

お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

バナー1.jpg

本バナー.png


妙法寺の家 配筋検査

妙法寺の家にて「配筋検査」を行いました。

第三者10年保証(瑕疵保険)の必須検査です。

配筋検査では鉄筋のピッチや配置、コーナー部など設計通りに施工してあるかの検査です。

もちろん問題ありません。

瑕疵保険には上棟後に構造材や防水などの2回目の検査=上部躯体検査もあります。

これらの検査を受け保険料を払い瑕疵保証が受けられます。

P6090021.JPG

P6090019.JPG
お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

バナー1.jpg

本バナー.png


モデルハウス現場リポート 外壁下地

建物の耐久性向上に大事なうちの一つが「通気」です。

詳しくは外壁と建物躯体の間の通気、外壁下地の部分です。

外壁下地というとほとんどの会社は重要度が低く位置しますが、ここがしっかりしていないと外壁体内が湿気で耐久性が低くなったり、カビが発生したりします。

今回はガルバニューム鋼板の縦貼りなので下地は横貼り。

下地で通気が止まらないように柱の部分で隙間を空け、気圧を利用して上昇していくようにします。

長い下地材をわざわざ柱間に切って施工するため手間はかかりますが、それだけの価値は充分にある大事な施工です。
P6150007.JPG

だんだんと外観の全貌が現れてきました。
P6150008.JPG

お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

バナー1.jpg

本バナー.png


ローコストデザインシリーズ仕様床断熱材

「ナチュレの家」標準仕様では床壁天井すべての部位がセルロースファイバーという断熱材で囲まれます。

デザインとコストに重きを置いたLAD仕様では壁天井は従来通りですが床はポリスチレンフォームの断熱材となります。

この断熱材の性能はすばらしく、セルロースの2倍近い断熱性能です。

従来のセルロース床=厚90ミリに対し、この素材では50ミリになりますが断熱性能自体は同等になります。
P6150004.JPG

ただしセルロースのように防虫や防火といった付随する性能はありません。

LAD仕様では断熱性能だけは落ちないようセレクトしました。

今回はプレカットと言って工場で事前にカットしてもらいました。

「きつめに」と注文しておいたのですが一部隙間のある部分もあります。

厳密には木材も誤差があるし仕方ありません。
P6150005.JPG

木材と断熱材の取り合い全てをシーリングにて埋めました。

気流止めにもなり気密性も良くなります。

また少しの木の伸縮であればシーリングの弾性で追随効果もあります。
P6150006.JPG

ここまでする業者も少ないと思いますが建築会社や工務店の施工品質はこういったところの積み重ねで本当に大きく変わります。

お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

バナー1.jpg

本バナー.png


« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

カテゴリー

月別アーカイブ

ナチュレホームについて

社長Blog
フェイスブック