ナチュレホーム 福井の自然素材デザイン住宅「ナチュレの家」

社長ブログ

過度な期待と満足度

「随応寺の家」明日からセルロースファイバーの施工準備で材料を搬入しました。

工場から現場まで3往復!

15kg/袋を105袋搬入しました。

以前、これでぎっくり腰になりました(笑)

途中コンビニで冷たい物でもと、店内に入ると凍ったカルピスが!

家で凍らせると、最初甘くて、あとは薄い・・・。

きっと「冷凍専用で開発し、最後まで均等なおいしさが・・・。」と勝手に思い込んでしまい購入。

結果は、最初甘くて、あとは薄い!

勝手に思い込んでしまう自分が悪いのですが、何となく残念な気持ちになってしまいます。

近年、どの業種も技術・サービス向上し「10年前より良くて当然」みたいに思っている部分ってないでしょうか?

昔は飲食のチェーン店など、味・価格はOKだが接客レベルが全然・・・、というところが多かったですが、今では接客レベルも上がってます。

コンビニのスイーツも専門店レベルで、コーヒー好きの人も「コンビニのコーヒーは上手い!」と。

坂井の幼少時の飲み物は基本、水道水かお茶でした。

誕生日や正月などイベント時はジュースが出て、夏休みだけカルピスがありました。

そう思うと好きな時にカルピスが飲めるだけありがたいのですが・・・。

進化・成熟する世の中と共に当たり前レベルと期待値が上がっていることを実感し、自身の仕事に置き換えると気が引き締まりますね。

明日から現場作業が続きます。

頑張っていこう!

CIMG9533.JPG

_____________________________
お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

バナー1.jpg

本バナー.png

ご見学バナー.png

気流止め

良い断熱材やサッシを使っても、隙間だらけの家では断熱性向上にはなりません。

だからといってビニールで家全体を覆ってしまう無理やりな気密もいかがなもんか・・・。

ちなみに壁の中にあるあのビニールは30年後はどうなっているんでしょうね?

風化して気密の役目を果たさなくなっているように思います・・・。

工業製品に頼らず、素材の特性と工法・工事品質で良い家をを作るのがナチュレスタイル。

自然に気密を高めるひとつが「気流止め」というものです。

「中野の家」床セルロースファイバー断熱の準備段階です。
CIMG9529.JPG

土台や大引きの上に床下地を乗せるのですが、ジョイント部はずべて大引きの上になり隙間はなくなります。

大引きの上にも乗せるので、柱の切り込んだとこに気流が発生しがちです。

その気流を止める役目を果たすのが小さなタルキを打ってあるこれです。
CIMG9530.JPG

ちょっとしたことですが、細部までの品質管理は良い家の絶対条件です。

_____________________________
お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

バナー1.jpg

本バナー.png

ご見学バナー.png


エンジン全開で!

当社は夏季休暇を経て本日より営業開始です!

と言っても、私はお盆中も合間を見て仕事してましたが・・・。

本日、電話のやりとりが40回を超えました。

職人さん・業者さん方も本日より全開のようです!

決して電話の数が多いことが良いわけではありませんが・・・。

まだまだ暑い日が続きますが、エンジン全開で頑張っていこう!

_____________________________
お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

バナー1.jpg

本バナー.png

ご見学バナー.png

柔道業界に見る

こう見えて柔道有段者の坂井です。

そう言うとよく「そう見えるけど」と言われます・・・。

柔道界が全階級メダルの快挙です!

現役当時「史上最強」と言われた井上康生氏が監督になり日本復活と頑張りました!

前オリンピックでは金メダル0でしたから・・・。

では、前監督の篠原氏がダメで井上氏がいいのか?

そんな簡単ではありません。

篠原氏は現在ではバラエティーで面白おかしく映っていますが、監督就任後の世界選手権では新鋭の選手を何人も発掘し、過去最高のメダル数を記録しました。

世界選手権で良い結果をだし、徹底研究されオリンピックでは結果が出なかった・・・。

それをバネに業界全体が、きれいな一本を取る従来の「日本柔道」を見直し「勝てる柔道」に変化していった結果、今回の結果です。

以前から「勝てる柔道」の兆しはありましたが、どん底ではなかったため、なかなか変革できなかった感じです。

「従来の日本柔道」と「勝てる柔道」、どちらが良いか?は個人の価値観によると思いますが、やはり「覚悟」ですね!

大きな失敗をして大きく成長する人。

大きな失敗を機にやめてしまう人。

大きな失敗をしないようにコツコツと努力する人。

才能があっても失敗をおそれてチャレンジしない人。

物事の軌跡をたどると、たいがい必然的な結果になっていて良い勉強になります。

また、こういう学んだことを生かすも殺すも自分次第ですね!

ちなみに坂井はコツコツ型だと思います・・・。

_____________________________
お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

バナー1.jpg

本バナー.png

ご見学バナー.png

ぶれずに進む!

講演依頼してくださった担当委員の方よりお礼の手紙が届きました。

ご丁寧にありがとうございます!

メール全盛の時にリアルな手紙は嬉しいですね!

完全先進国の日本ですが、経済発展による物溢れ時代、IT発達による情報過多時代に突入して思うことがります。

物溢れ時代に各企業とも差別化を図り、「時代に必要とされるもの」と「便利かもしれんがそこまで必要か?」と思うものがあります。

住宅で言えば、その地域にオーバースペック過ぎる家でしょうか。

また、情報過多時代で少しでも目立つために誇張表現したり、表現角度を変えたりと、混乱する原因です・・・。

一般消費者の方々も同様、私のような事業主も情報には慎重にならなければなりません。

時代と共に「変えていかなければいけないもの」と「変えてはいけないもの」判断基準をしっかり持って、ぶれずに進んでいかなければ!

CIMG9515.JPG

_____________________________
お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

バナー1.jpg

本バナー.png

ご見学バナー.png


第三者の検査

暑い日が続きますね・・・。

こんな中、作業してもらう職人さん方々には感謝です!

本日は「中野の家」上部躯体検査でした。

2009年に「住宅瑕疵担保履行法」というのが全面施工され、簡単に言うと「住宅を建てる業者はアフター保証も責任もってやりなさいよ!」という法律。

実質、第三者(国土交通大臣指定)の保証をうけないと新築できないというもの。

指定業者から登録されている設計事務所が現場検査を行います。

基礎や建物構造、防水措置など検査項目は100を超えます。

基礎であれば鉄筋のピッチや接合部等。

構造であれば耐力壁の配置や金物の施工具合等。

正直、どれも当たり前の事ばかりですが、そういったことが第三者のチェックが必要という住宅業界が悲しいですね・・・。

CIMG9512.JPG

_____________________________
お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

バナー1.jpg

本バナー.png

ご見学バナー.png

「中野の家」上棟

「中野の家」が上棟しました!

朝8時前には1本目の通し柱が建ちます。
CIMG9481.JPG

朝10時段階です。

さすが鳶さん!軽々と歩いています。
CIMG9485.JPG

夕方には予定通り屋根下地+防水紙まで施工できました。
CIMG9491.JPG

暑い中、職人さん方ご苦労様でした!

施主様もいろいろとありがとうございました!

こちらの家も完成が楽しみです!

_____________________________
お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

バナー1.jpg

本バナー.png

ご見学バナー.png


現場日記7月26日

「江端の家」仕上げに入っております。

仕上げの塗り壁下塗り。

モルタル下塗り+モルタル中塗り+仕上げ下塗り+仕上げ上塗り、と4回塗ります!
CIMG9475.JPG

内装仕上げの漆喰塗りの段取り。

ひび割れ防止にメッシュテープを貼っています。
CIMG9476.JPG

CIMG9477.JPG

CIMG9479.JPG

吹抜け部は足場を組んで行います。

この足場は坂井担当です。
CIMG9480.JPG

_____________________________
お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

バナー1.jpg

本バナー.png

ご見学バナー.png

床下湿気対策

塗り壁下地の下地、ややこしくてすいません。

「木摺り」下地と言ってモルタル下地の木下地で、非常に強固な下地です。

縦桟を打って外壁内に通気層を確保します。
CIMG9462.JPG

「床下全周換気工法」

基礎と土台の間にスぺ―サーをかまし、通気をします。

従来の換気口の1.5~2倍の換気量になります。

また細かなマス上になっているので強度確保と小動物の侵入防止になっています。
CIMG9463.JPG

床下になる木材(土台・大引き)は、すべてヒノキを使用。

「住宅性能表示基準」では薬品を塗らなくても「防腐・防蟻」が認められている樹種です。
CIMG9470.JPG

外気に面する部位はすべて遮熱透湿防水シートを貼り、その厚み90ミリにセルロースファイバーを吹き込みます。

この断熱材も調湿効果もあり、防虫効果もある優れもの。

「ナチュレの家」では床下の湿気や害虫対策はこのように行っています。

_____________________________
お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

バナー1.jpg

本バナー.png

ご見学バナー.png


制震

この時期は春着工した現場の完成と、今から着工と重なり、現場で慌ただしくなります。

「随応寺の家」順調に進行しております。

こちらは制震ブレースの画像。

取り付けることによって30%~50%の地震の揺れを軽減します。

CIMG9451.JPG

この制震ダンパーは壁の耐力計算に加算することもできるのですが、「ナチュレの家」では、筋交で壁耐力計算をして基準を満たしております。

実績のある在来工法の耐震に現代科学の制震をプラスしたハイブリッド工法です。

_____________________________
お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

バナー1.jpg

本バナー.png

ご見学バナー.png



« 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13

カテゴリー

月別アーカイブ

ナチュレホームについて

社長Blog
フェイスブック