ナチュレホーム 福井の自然素材デザイン住宅「ナチュレの家」

社長ブログ

in九州!

LIXIL社の招待旅行で2泊3日in九州に行ってきました!

ありがとうございます!

同じ福井班で旅を共にした方々もありがとうございました!

LIXIL社が毎年行っている招待旅行で、今年は全国から総勢300名弱と聞きました。

やはりメーカーはすごいですね!

1~2日目は震災の復興も兼ねて大分に。

屋根にブルーシートがかかっていたり、ガラスが割れている建物がそのままになっていたり。

まだまだ復興支援必要だと感じました。

出来ることからやっていかないと!

別府温泉「杉乃井ホテル」という、無茶苦茶デカいホテルに宿泊。

2日目の昼は観光で国宝の石仏や湯布院に行きました。

そして夜は福岡に移動して中州を満喫!

若い時は旅行嫌いでしたが、年を取るごとに好きになってきました。

また行きたいですね!

感謝!


初日の宴会にて。
20160915_190422.jpg

20160915_195712.jpg

湯布院。こんなに人がいるとは思っていませんでした・・・。
20160916_134217.jpg

中州の屋台。地元のアンチャン達とすごく仲良くなりました(笑)
屋台.jpg

お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

バナー1.jpg

本バナー.png

ご見学バナー.png



江端の家 キッチン

【キッチン】

システムキッチンはLIXIL製を使用。

床はレトロの感じが心和みます。

扉奥はサンルームからのサニタリー、家事楽動線となっております。
IMG_0029.jpg

IH横の扉からは外物置になっています。
IMG_0023.jpg

外物置をキッチンに隣接することで収納・ゴミ置き場・勝手口など共有でき便利です。
IMG_0026.jpg

吹抜け奥のスペースは将来子供部屋のためのスペースをオープンにしたセカンドリビングとなっています。

キッチンからリビング・セカンドリビングと一望できます。

コンパクトでも解放感あり利便性・快適性も高く、家族がつながる設計を心掛けています。
IMG_0007.jpg

お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

バナー1.jpg

本バナー.png

ご見学バナー.png


江端の家 和室

【和室】

「来客時のための和室が欲しいが、ザ和室は嫌・・・。」

「リビングの一部でも良いので畳スペースが欲しい」

和室というより「畳の場所が欲しい」とのニーズは高いです。

こちらの畳は和紙畳のヘリなしタイプを使用。

壁、天井は漆喰仕上げにて。
IMG_0018.jpg

来客時のために仕切れるように。

でも通常はオープンに使えるように、リビング隣に設置することも多いです。

奥の3枚引き込み戸側が和室になっています。
IMG_0015.jpg

引き戸をはずせば南からの採光もあります。
IMG_0141.jpg

引き戸を収納するスペースを造りました。

戸車がついているので簡単に移動できます。
IMG_0138.jpg

お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

バナー1.jpg

本バナー.png

ご見学バナー.png


江端の家 リビングダイニング

【リビングダイニング】

玄関ホールからすぐリビングに、左の扉から出入りです。

扉横にはオープン型とクローズ型のお出かけ収納を設置しました。

壁、天井は漆喰仕上げ。

床はパイン無垢材。

着色は自然塗料・植物オイル仕上げ。

建具は木製ドア、自然素材をふんだんに使っています。
IMG_0013.jpg

IMG_0073.jpg

「江端の家」両サイドに家があり、東側は3階建て・・・。

日中も暗くなりがちなため、吹抜けを通し2階から採光しています。

朝は特に日差しが入り明るいです。
IMG_0012.jpg

キッチン側にはカウンターと収納を造作。

お子様の勉強スペースも考慮してローカウンターとなっています。
IMG_0043.jpg

お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

バナー1.jpg

本バナー.png

ご見学バナー.png


江端の家 玄関

【玄関】

木製のシューズクローク。

正面にはニッチを造作しニッチライトを設置。

ウエルカムボードや思い出の写真なんかを飾ってもらえると嬉しいですね。
IMG_0082.jpg

少し小さめですが土間収納も確保しました。
IMG_0086.jpg

お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

バナー1.jpg

本バナー.png

ご見学バナー.png


江端の家 外観

【外観】

間口が狭く、軒の出が出しにくい立地条件のため正面以外の三方は耐久性の高いガルバニューム鋼板を採用。

正面は塗り壁とパインの羽目板。

ポーチを広めにとりお子様の自転車置き場にも。

もちろんスロープも付けました。

IMG_0088.jpg

西日とデザインを考慮して袖壁を斜にしました。
IMG_0091.jpg

「冷たい感じにはしたくない」との施主様からのご要望もあり、玄関周辺はパイン材を使用。

ブラックとオーカーの色合いは良く合います。
IMG_0096.jpg

お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

バナー1.jpg

本バナー.png

ご見学バナー.png

セルロースファイバー天井施工

4日間連続の現場作業でした。

猛暑が続き、奇跡的に作業期間は涼しくなったのですが、それでも疲れますね。

職人時代は年中現場作業が当たり前だったのですが、ひ弱になってしまった・・・。

夏バテにも負けず作業してくれる職人さん方には本当に感謝です!

打って変わって本日は終日デスクワーク。

これはこれで肩がこる・・・。

さて、画像はセルロースの天井断熱のビフォーアフターです。

施工前。
CIMG9538.JPG

セルロースの天井断熱は「葺き積もらせ施工」のため圧力がかかりません。

将来的に20%~30%程度の沈下が予想されます。

沈下後も充分な断熱性能が発揮できるよう250ミリ~300ミリ厚で施工します。

一般住宅の2.5倍~3倍の厚みです!
CIMG9539.JPG

_____________________________
お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

バナー1.jpg

本バナー.png

ご見学バナー.png

過度な期待と満足度

「随応寺の家」明日からセルロースファイバーの施工準備で材料を搬入しました。

工場から現場まで3往復!

15kg/袋を105袋搬入しました。

以前、これでぎっくり腰になりました(笑)

途中コンビニで冷たい物でもと、店内に入ると凍ったカルピスが!

家で凍らせると、最初甘くて、あとは薄い・・・。

きっと「冷凍専用で開発し、最後まで均等なおいしさが・・・。」と勝手に思い込んでしまい購入。

結果は、最初甘くて、あとは薄い!

勝手に思い込んでしまう自分が悪いのですが、何となく残念な気持ちになってしまいます。

近年、どの業種も技術・サービス向上し「10年前より良くて当然」みたいに思っている部分ってないでしょうか?

昔は飲食のチェーン店など、味・価格はOKだが接客レベルが全然・・・、というところが多かったですが、今では接客レベルも上がってます。

コンビニのスイーツも専門店レベルで、コーヒー好きの人も「コンビニのコーヒーは上手い!」と。

坂井の幼少時の飲み物は基本、水道水かお茶でした。

誕生日や正月などイベント時はジュースが出て、夏休みだけカルピスがありました。

そう思うと好きな時にカルピスが飲めるだけありがたいのですが・・・。

進化・成熟する世の中と共に当たり前レベルと期待値が上がっていることを実感し、自身の仕事に置き換えると気が引き締まりますね。

明日から現場作業が続きます。

頑張っていこう!

CIMG9533.JPG

_____________________________
お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

バナー1.jpg

本バナー.png

ご見学バナー.png

気流止め

良い断熱材やサッシを使っても、隙間だらけの家では断熱性向上にはなりません。

だからといってビニールで家全体を覆ってしまう無理やりな気密もいかがなもんか・・・。

ちなみに壁の中にあるあのビニールは30年後はどうなっているんでしょうね?

風化して気密の役目を果たさなくなっているように思います・・・。

工業製品に頼らず、素材の特性と工法・工事品質で良い家をを作るのがナチュレスタイル。

自然に気密を高めるひとつが「気流止め」というものです。

「中野の家」床セルロースファイバー断熱の準備段階です。
CIMG9529.JPG

土台や大引きの上に床下地を乗せるのですが、ジョイント部はずべて大引きの上になり隙間はなくなります。

大引きの上にも乗せるので、柱の切り込んだとこに気流が発生しがちです。

その気流を止める役目を果たすのが小さなタルキを打ってあるこれです。
CIMG9530.JPG

ちょっとしたことですが、細部までの品質管理は良い家の絶対条件です。

_____________________________
お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

バナー1.jpg

本バナー.png

ご見学バナー.png


エンジン全開で!

当社は夏季休暇を経て本日より営業開始です!

と言っても、私はお盆中も合間を見て仕事してましたが・・・。

本日、電話のやりとりが40回を超えました。

職人さん・業者さん方も本日より全開のようです!

決して電話の数が多いことが良いわけではありませんが・・・。

まだまだ暑い日が続きますが、エンジン全開で頑張っていこう!

_____________________________
お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

バナー1.jpg

本バナー.png

ご見学バナー.png

« 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14

カテゴリー

月別アーカイブ

ナチュレホームについて

社長Blog
フェイスブック