コンセプト.png


Planning concept 【奥様中心の家づくり】
ナチュレの家は「奥様中心の家づくり」と称しています。

今までにたくさんのご家族と家についてのご相談を受けてきました。
フィーリング的なことですが、奥様が笑顔でいるご家庭はすごく幸せそうに見えます。

共働き率全国№1の福井県。
仕事に家事・育児と奥様の負担も知らず知らずと大きくなりがちです。

家事動線や教育動線など奥様中心にすることで
日常の負担を減らし
快適で明るく楽しい家になるようプランニングしています。


Design concept 【フランス片田舎】
8年前、リフォームが完成したお客様の引き渡しの時でした。
新しくなった部屋ではしゃぐお子様に親御さんが「傷つくからやめなさい!」と・・・。
お子様の悲しそうな顔が印象的でした。

傷がついても味になる・目立たない、また修復が可能な素材にすれば
子供も伸び伸びと遊べる。

そんなデザインがフランス片田舎にありました。

シンプルで個性的、味のあるアンティーク感。
ラスティックな大胆さとナチュラルなあたたかみ。

ナチュレデザインの原点です。


Material concept 【本来の自然な暮らし】
「ナチュレの家」は自然素材とセルロースファイバーで造るデザイン住宅です。

「自然素材を使うことにこだわっている?」と思われる方も多いのですが、ちょっと違います。

近年、住宅の多くは「新建材」で造られています。
新建材から発生するホルムアルデヒドを排出させるために24時間換気の法律が出来ました。

このように工業的・機械的なやり方で快適さをつくり
そのために犠牲になっている部分を新たな製品や設備で解決し
設備を設備で補うことが繰り返されていく・・・。

本来「家」というものは住んでいて安心・安全であることは当たり前のはずが24時間換気しないといけない・・・。おかしいとは思いませんか?

そういった疑問点をひとつづつ解決していき「ナチュレの家」が誕生しました。

機械や設備に頼らず素材の持っている特性で快適さをつくります。


Cost concept 【高いコストパフォーマンス】
大手ハウスメーカーや有名フランチャイズ店のように、70-80万円/坪もの価格なら、よい家ができて当然です。
「ナチュレの家」は福井の平均価格相場(55万円/坪)以下で建てる家づくりです。

福井という地に、不要な設備やオーバースペックな仕様にお金をかけるくらいなら、
子供の未来・自分たちの将来・親孝行などに、その分を使った方が良い人生だと思うのがナチュレホームの価値観です。

今まで高価格がネックだったセルロースファイバー断熱や自然塗料仕上げを自社施工することで
高品質でコストダウンが実現しています。

他にも流通改善・ローコスト経営で高いコストパフォーマンスを維持しています。


Area concept 【地域密着】
「ナチュレの家」は鯖江本社より車で30分圏内を営業エリアとさせて頂いております。

完成後のアフター対応は近ければ近いほど迅速対応が出来ます。
また打ち合わせや工事職人さんの移動費も最終的にはお客様に負担いただくことになります。

エリア外の方からお問い合わせ頂くことも多く、たいへんうれしくありがたいことですが、
以上の観点よりエリアを決めて家づくりを行っています。


Management concept 【ローコスト経営】
ナチュレホームは小さな会社であり、人件費や無駄な経費をかけずローコスト経営に徹しています。
仕入れルートの流通改善やメーカーとの三者協定など、品質を落とさずコストダウン出来る方法を常に追求しています。

またフランチャイズにも加盟しません。
FCに加盟するとネームバリューや販売ツールの代わりに高額な加盟料や月々のロイヤリティーが必要になってきます。
これらの費用は最終的にお客様に支払ってもらうことになるからです。


Quality concept 【高品質維持】
平成15年から平成21年くらいまでは会社の規模拡大をビジョンに掲げ運営していました。
代表坂井の目指していた組織とは裏腹に、組織が大きくなるにつれ品質が下がっていきました。
社員数が10名になった時、クレームだらけの会社になってしまい立ち止まりました。

「会社を大きくすることより、当社に期待してくださった1組1組のお客様を大事にしていこう!」

むやみに受注棟数を追いかける経営ではなく、現在は1年に6棟という受注制約を設け品質重視の運営をしています。


Entire concept 【まとめ】

家づくりにおいて大事なことは何でしょうか?

構造・耐震・性能などのハード面?
家事動線・家族が集まるリビング・帰りたくなる家・良い子が育つ家などのソフト面?

デザイン、高気密高断熱、価格、環境配慮型など、「家づくり」の要素は多岐にわたります。

ナチュレホームでは自然素材とセルロースファイバーで造るデザイン住宅に特化しています。

ありがちな高気密高断熱住宅。
性能を保つために無理やり造られた機械設備のデメリットを補うように、また新たな機械設備を取り付ける不自然な家・・・。
環境配慮・省エネと謳われる現代に、24時間電気を使って管理しないといけない家は果たして「良い家」なのでしょうか?

大手ハウスメーカーや有名フランチャイズ店のように、70-80万円/坪もの価格なら、よい家ができて当然です。
「ナチュレの家」は福井の平均価格相場(55万円/坪)以下で建てる家づくりです。

福井という地に、不要な設備やオーバースペックな仕様にお金をかけるくらいなら、
子供の未来・自分たちの将来・親孝行などに、その分を使った方が良い人生だと思うのがナチュレホームの価値観です。

また、奇抜な設計事務所のように「建物が主役で、住む人が脇役」のような家を作る気もありません。
家はそこに住むご家族が主役です。
 
私たちは、新築事業を開始する前はリフォーム事業に特化して
鯖江市・福井市南部・越前市を営業エリアとして累計1000組以上のご家族と「住まい」についてご相談を受けてきました。
だからこそ、築15年-30年の家がどういう状態になっているか?ということを経験に基づいてお話しすることが出来ます。
当時は良いとされていた仕様や材料の耐久性、机上の空論ばかりの性能数値・・・。
住んでからの「こうすれば良かった・・・。」というお客様の声・・・。
リフォーム事業に特化していたからこそ、住んでからのリアルな声と現場が分かると思っています。

企業収益や効率化ばかり追求した規格住宅やセミオーダー住宅。
工業的・機械的なやり方で快適さを作り、そのために犠牲になっている部分を新たな製品や設備で補っていく・・・。
そんな家づくりに疑問を感じ「ナチュレの家」が出来ました。

素材の持っている特性で快適さを作り、将来のライフスタイルまで考えお客様に合わせた完全オーダーメイド住宅。

そして、「ナチュレの家」ではむやみに受注頭数を追いかけるような経営はしていません。
一棟一棟丁寧に、品質を落とさずに家づくりをするために、現在は1年に6棟と受注に制約を設けています。

私たちは構造・性能などのハード面はもちろんのこと、ご家族の生き方・住まい方などのソフト面まで考慮し、
コストパフォーマンスにも優れた究極の家づくりをしていると自負しています。

しかし、自然素材やセルロースファイバーはナチュレホームでなくても取り扱いは可能です。
私たちが最も大事にしていることは
「誠実であること・仕事に真摯であること」
そして
「お客様の想いを最高の形で実現すること」です。

「一度のご縁を 一生のご縁に」

私たちと共に「おかえり」「ただいま」が楽しくなる魔法の家づくり、はじめてみませんか。

代表取締役 坂井 努

 family.jpg