ナチュレホーム 福井の自然素材デザイン住宅「ナチュレの家」
社長ブログ

社長の想い

新築事業忘年会

昨日、当社の新築事業忘年会がありました!

会社として関係者をたくさん呼んで盛大に行うのも良いのですが、綱引き理論で少数精鋭に。

綱引き理論というのは、人の数が増えるほど1人当たりのパフォーマンスが小さくなるというもの。

遠慮したり、さぼったり、人任せになったり、という感じ、感覚的に分かりますね。

あまり数が多くならないように新築事業20名・リフォーム事業20名に選別し行います。

宴会の前には職人さん・業者さん集まってもらうので少々学びの時間を設けました。

PC060003.JPG

時代が進めばお客様のニーズは高まります。

昔ながらの悪い職人気質は今の時代いりません!

お客様満足向上=現場品質向上のために「これでいいわ」と思わず、現場に携わる個人個人が10年先を見据え自立して向上していこう!

その集合体(チーム)で良い工事をしていこう!

という感じで1時間弱、集中して話させていただきました。

話を聞くと翌日から早速実行されている方もおられるようで嬉しい限りです!

PC060004.JPG

勉強会が終わり、入浴も済ませ宴会です!

仕事も全力!学びも全力!遊びも全力!酒も全力!で終盤記憶をなくしました・・・。

記憶なくしたの今年何回目やろ・・・。

序盤は全員にお酌に回り、必然的にお酌返しがくるので1周したころにはほろ酔いに。

その後、自ら特攻隊長になり(笑)、ハチャメチャになっていきました・・・。

皆さん楽しんでくれたようで仕事の活力になってくれるものと!

そんな感じだったのでせっかくの宴会画像を撮り忘れ、宴会前にとった舟盛り画像だけです・・・。

20161206_185742.jpg


バナー-004.jpg

_____________________________
お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

バナー1.jpg

本バナー.png


ぶれずに進む!

講演依頼してくださった担当委員の方よりお礼の手紙が届きました。

ご丁寧にありがとうございます!

メール全盛の時にリアルな手紙は嬉しいですね!

完全先進国の日本ですが、経済発展による物溢れ時代、IT発達による情報過多時代に突入して思うことがります。

物溢れ時代に各企業とも差別化を図り、「時代に必要とされるもの」と「便利かもしれんがそこまで必要か?」と思うものがあります。

住宅で言えば、その地域にオーバースペック過ぎる家でしょうか。

また、情報過多時代で少しでも目立つために誇張表現したり、表現角度を変えたりと、混乱する原因です・・・。

一般消費者の方々も同様、私のような事業主も情報には慎重にならなければなりません。

時代と共に「変えていかなければいけないもの」と「変えてはいけないもの」判断基準をしっかり持って、ぶれずに進んでいかなければ!

CIMG9515.JPG

_____________________________
お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

バナー1.jpg

本バナー.png

ご見学バナー.png


高気密高断熱住宅の悲劇

本日、表題のようなショッキングな記事を見たので紹介しておきます。

某ハウスメーカーの家がネズミやコウモリの侵入被害にあっているとのこと。

記事はこちらです→http://www.smarthouse2.com/?p=12594

簡単に言うと、家の小さな隙間からネズミなどが侵入して防虫処理されていない断熱材をかじり、穴をあけ住み着いているとのこと。

また高断熱なため住みやすいとのこと・・・。

「ナチュレの家」ではセルロースファイバーという高クオリティーな断熱材を使用しています。

断熱・調湿・防音・防虫・防火効果のある、私の知る限りでは最強断熱材です。

防虫に関しては素材にホウ酸団子に使われるホウ素が微量に混ざっています。

このホウ素がゴキブリ・シロアリ・ダニ・ネズミ・他害虫を寄せ付けない退避効果があります。

ちなみに微量のホウ酸は人体への蓄積や残留がなく悪影響はありません。

実際、目薬や眼科の殺菌洗眼にも多く使われています。

被害にあっているハウスメーカーの仕様は2009年に「超断熱!」と言って売り出されたものでした。

その断熱があだとなっている悲劇です。

工業製品を使い快適さを無理に生み出そうとするハウスメーカーの思想では、これから先も同じことの繰り返しだと思います。

自然素材の特性を生かして快適に住める家=「ナチュレの家」

家は「自然に暮らせる家」が良いですね!

_____________________________
お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

バナー1.jpg

本バナー.png

ご見学バナー.png

ベストバランスな家

先日、建築関係者の方が「ナチュレの家」を見学しに来ました。

外気温3度の時にリビングが26.3度、暖房から最も離れた2Fの場所が25.9度、床の表面温度が23~26度という断熱性能にビックリされていました。

さらに、この仕様で建築本体価格が、40坪クラスで50万円/坪(税別)で造っているということも、さらにビックリされていました。

建築関係者であれば職業柄いろいろな家を知っています。

そんな中でのリアクションは私としてもすごく参考になり、良い印象であれば嬉しい限りです。

「ナチュレの家」よりもコストが安い家はたくさんあります。

また断熱性能や耐震性の高い家もたくさんあるでしょう。

しかし、トータルバランスで考えた家では「ナチュレの家」を上回るものはないと自負しています。

例えば、

・安さ重視がために快適性や利便性が犠牲になっていないか?
企業競争が激しいなか、価格訴求や営業活動ばかり注力し、肝心な家づくりの品質やサービスなど本来費やすべきところが欠けてしまっているハウスメーカーや工務店も多々あります。
何を隠そう昔のナチュレホームも、その経験があります。
「施主様は一生この家に住む」ということを忘れては本末転倒ですね。

・性能や構造など良いに越したことはないが、オーバースペックでコスパに見合っているか?
断熱性能や耐震性など性能・構造にこだわる人(会社)は、結構な割合でコスト意識が低い人が多いです。
なぜなら自分が好きでやっている研究者タイプが多いからです。
お客様の家は実験台ではありません。

・設計思想やデザインなど非現実的になりすぎて10年後・20年後、良かったといえる設計デザインか?
奇抜なデザインや非現実的な設計にあこがれを抱く方も多いと思います。
しかし、子供が生まれ育ち、思春期を迎え、やがて旅立ち・・・、と変化していくライフスタイルの中、人生経験の若いご夫婦の憧れだけで決めてしまうのは非常に危険ではないでしょうか。
TVでやってる「ビフォーアフター」という番組もパフォーマンス性を重視した設計などは、裏ですごくもめているという話を聞きます。

価値観は人それぞれですが、「ナチュレの家」は設計思想・性能・構造・デザイン・コストなどベストバランスな家です!


バナー-004.jpg

_____________________________
お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

バナー1.jpg

本バナー.png

本質への追及

昔から形式的な考え方が嫌いな坂井です。

本質というものは時代問わず変わらないものだと思うのですが、流行や風潮に流され考え方が形式ばってしまうことも多いと思います。

例えば、家づくりにおける「耐震」というキーワードで、どういうことを思い浮かべるでしょうか。

パターン1
・壁や構造材などを補強して建物を強くする。

パターン2
・建物形状をシンプルに剛性バランスよく設計する。
・建物の直下率を上げる(1Fと2Fの壁配置をあわせる)。
・屋根を軽くする。

パターン1・2どちらとも建物が強くなります。

しかし、パターン1はコストアップになる、パターン2はコストダウンになる。

いかがでしょうか?

同じように「断熱」についても

パターン1
・性能の良い断熱材を使う。
・断熱材を厚くする(壁を厚くする)

パターン2
・空間やエネルギーを共有できるよう小さくてオープンな家にする。
・蓄熱効果の高い素材を使用し、家全体の冷暖房依存率を下げる。

こちらも両方断熱性能は上がるのですが、パターン1はコストアップになり、パターン2はコストダウンになる。

自分のロジックに合わないことは、すぐに「なぜ?」と考えてしまう面倒くさい思考があります・・・。

「なぜ24時間換気?」
「なぜ熱交換システム?」
「なぜグラスウール?」
「なぜ新建材?」

当たり前のようにして使われている物に「なぜ?」と追及し、違う視点から本質を眺めてみると・・・

案の定、業者都合だったり・・・。

そういうことに違和感を感じ、「お客様満足」を真摯に追及していき「ナチュレの家」ができました。

「ナチュレの家」の開発時には日本中駆け回り、情報やデータ・経験則を集めました。

今では世界の住宅と日本の価値観とも比較検討をしています。

「設計思案×性能×品質×コスト=家」であるならば、ナチュレの家を上回る住宅を見たことがありません。

最終的に宣伝みたいになり、すいません・・・。

簡単に言うと「ナチュレの家」は私が思う世界最高の家だということです!


バナー-004.jpg

_____________________________
お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

バナー1.jpg

本バナー.png



新年あけましておめでとうございます!

新年あけましておめでとうございます!

本年も宜しくお願い申し上げます!

元旦にメールボックスをチェックすると、すでに資料請求や見学希望のメールが続々と!

新年早々ありがとうございます!

今年は「ナチュレの家」ブランディングの一環として以前から進めていた

「Nature Furniture」=デザイン家具の販売を開始します!

アンティーク調家具やナチュラル系家具、カントリー家具などナチュレテイストにあったデザイン家具やインテリア商品がセレクトされています。

良質のデザイン家具をお求めやすい価格で!「ナチュレの家」オーナー様限定です!

建築から家具まで空間丸ごとご提供できるようなりました。

住宅ローンに組み込めるのも強みです!

まずは現在建築中のオーナー様にご提案!

これからも「ナチュレの家」だからこそ出来るサービスに注力しお客様満足向上に努めていきます!

坂井は今年一年も充実した年になりそうです!

「ナチュレの家」オーナー様はもちろんのこと、当社に関わる全ての人々が素晴らしい一年になるように頑張っていきましょう!

CIMG9090.JPG


バナー-004.jpg

_____________________________
お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

バナー1.jpg

本バナー.png


2015年を振り返り

12月30日(水)より1月4日(月)までを年末年始休暇とさせていただきます。

今年は、創業して16年の中で最も順風満帆な年でした!

本当にありがとうございます!

過去の1年振り返りブログでは、毎年毎年

「今年は激動の年でした」
「今年は変革の年でした」
「今年は大きく変わった年でした」

など、たいへんな一年だったというブログばかり(笑)

若くして突っ走ってたので当たり前ですが・・・。

会社を大きくすることばかり考えていた30代。

しかも、そうすることでお客様・社員・協力業者・会社のオールハッピネスになると信じて疑ってなかった・・・。

物販や製造のようにルーチン作業性の高いビジネスとは違い、人の能力が大きく左右する労働生産性が高い建築というビジネス。

こういう田舎では小さな会社の規模拡大路線は向いていませんでした。

社員が増えれば増えるほどクレームが二乗して増え、人や組織の問題も増え、問題だらけでした。

何より一番つらかったのが、当社に期待してくれ、ご契約してもらったお客様方の「想い」に応えられなかったこと・・・。

会社が大きくなればなるほど創業した時の自分の「想い」から離れた会社になっていきました。

5年前に「このままではダメだ!」と規模拡大路線から1組1組のお客様を大事に、そして「ナチュレホームだからこそ」というブランディング路線に変更してきました。

昨年くらいより、その変革の花が咲き出し、今では「ナチュレの家」来年度完成物件はすべて埋まっている状態です。

もちろんクレームや問題もほとんどありません。

当社でご契約いただいたお客様はもちろんの事、職人さん・協力業者さん、坂井に携わってくれたたくさんの方々、ありがとうございました!

11月には「ナチュレの家 奥様中心の家づくり」を発刊しました!

通常こういう雑誌は、たくさんの建築会社から施工事例を集め共同で行うプロジェクトだが、ナチュレホーム1社で完遂!

4月キックオフで出版会社のプロデューサー・営業2名・編集、ライター・デザイナーそして坂井の7名がかりで開始して10月に完成!

こちらもオーナー様をはじめ携わってくれたスタッフの方々に感謝です!

他にも思い起こせば

1月 LIXILコンテストで表彰を受ける
2月 よく頑張ってくれた元社員の中嶌結婚式
3月 受注予約が増えすぎて新規受け付けを休止する
4月 「南欧風の家」完成
5月 「御幸の家」完成
6月 雑誌の企画で元フジTVアナウンサー内田恭子さんと対談
7月 福井新聞社「ハウスナリー」3年連続トップ掲載
8月 長男が中日本選抜メンバーに選出され初の国際大会
9月 「上森田の家」完成
10月 次男が100m走や駅伝で次々と入賞
11月 「宝永の家」完成
12月 「春日の家」完成

工事品質・体制ともに大工さんを中心に良好です!

リフォーム事業は一級建築士の建入に任せられる状態に!

社長業に専念していた5年前には得られなかった様々な感情があります。

お客様と共に設計した家が出来上がっていく達成感!

お客様が喜んでいる姿を感じれる喜び!

お客様から感謝される幸福感!

待ってでも「ナチュレの家」を選んでくれる方々がいるという充実感!

まだまだ忙しい毎日ですが以前より子供たちと過ごす時間も増えました!

本当に最高の一年になりました!

来年も完成を待っているお客様方がいます。

暑い日も寒い日も一生懸命施工してくれる職人さんや協力業者さんたちがいます。

たくさんの幸せの裏に、自身への責任を厳しく追及しこれからも精進していきます!

2016年も「ナチュレの家」に携わる方々が最高の一年になりますように!

ありがとうございました!


バナー-004.jpg

_____________________________
お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

バナー1.jpg

本バナー.png

「家づくり」という志事

総務省の日本標準産業分類によると「家づくり」=建築業というのは建設業に分類される。

一般的に建設業というと学校や病院・高層ビルなど、大きな建物を建てることの総称のように感じますが実際は

道路や橋などの土木建設工事も建設業。

道路下にある水道管工事や信号機の工事も建設業。

他にも通信関係や造園工事なども含まれる。

こう並べると建築業は建設業のいち部分に感じますが、こんなことを言っている記事を見た。

【次世代の建設業を担うのは「家づくり」を行っている建築業界だ!】

内容にすごく共感した。

物溢れの現代日本社会に必要なものは「ハード」(物)ではなく、「ソフト」(心)だと。

建設業の中で「家づくり」をおこなっている建築業だけが、お客様と作り手(職人)両方と接している。

お客様はもちろんの事、これからの時代は作り手も大事にしていかなければならない。

家づくりの現場品質=職人の品質と言っても過言ではない。

お客様と作り手の両方と接しているからこそ、たくさんの「想い」を持って仕事が出来る。

たくさんの心の財産が出来る。

「まだまだだ!」と思える。

「家づくり」という志事に携わっていることを誇りに思い、これからも精進です!


バナー-004.jpg

_____________________________
お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

バナー1.jpg

本バナー.png


お客様の声!福井市K様

お客様の声を頂きました!ありがとうございます!

どうしてナチュレホームを選んでくださいましたか?

家を建てたいと思った時に、坂井社長の書かれた「福井に適した住宅」を読ませて頂いて、ナチュレの家のコンセプトがすごく魅力的でした。
その後モデルハウス1号棟と2号棟を見学させていただき、お願いしました。


完成後の今のお気持ちを、お聞かせください!

収納棚もたくさん作って頂き、キッチンもオーダーさせて頂きました。
毎日、見るたびにかわいくて感動しています。
デザインだけでなく、家の中も暖かくて毎日快適に過ごせています。
床も暖かいので、1才の娘も床で転がっていても安心です。
本で読んだ、ナチュレの家を建てることが出来て本当に良かったです。
本当にありがとうございました。

こちらこそありがとうございました!

これからも「ナチュレの家」に住んでいただけるご家族方が、快適で楽しい生活が出来るお手伝いを精一杯していきます!

川畑様声-001.jpg

バナー-004.jpg

_____________________________
お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

バナー1.jpg

本バナー.png

精魂込めて

こういった心使い、すごくうれしいです!ありがとうございます!

職人さん方も張り切って施工してくれるものと!

当社の工事発注書には「厳守事項」が明記されており、その中に

「お客様は一生この家で過ごすということを忘れず施工します!」という項目があります。

精魂込めた家づくりをしていこう!
CIMG9082.JPG


バナー-004.jpg

_____________________________
お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

バナー1.jpg

本バナー.png


1  2  3  4

カテゴリー

月別アーカイブ

ナチュレホームについて

社長Blog
フェイスブック