ナチュレホーム 福井の自然素材デザイン住宅「ナチュレの家」
社長ブログ

「ナチュレの家」ブログ

セルロースファイバー天井施工

先日、セルロースファイバー断熱材の天井施工を行いました。

この時期の天井裏はヤバいです・・・。

休憩を多くとり丁寧に施工しました。

施工前と後では2階の暑さが全然違うのが体感できます。

P7100017.JPG

天井断熱材の厚みは250~300ミリ。

沈下後も200ミリ以上を想定して施工しています。

冬の断熱は床が重要、夏の断熱は天井が重要です!

P7120019.JPG

お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

バナー1.jpg

本バナー.png


セルロースファイバー断熱床下地

セルロースファイバー断熱材の床下地です。

大引きと同じ厚み9センチの厚さがあります。

自重で落ちないよう桟を取付。
P7070007.JPG

遮熱シートにて床下の外気をシャットアウトします。

この厚み分、断熱層があります。

一般的な断熱層の2倍以上あります。

冬の暖かさは床断熱施工にかかっています。
P7070003.JPG

上部躯体検査(第三者保証機構検査)も終了しています。

画像は基礎と建物を一体化させるホールダウン金物と耐震性向上の筋交金物。

分かりにくいですが柱下の入隅部に三角の材木が施工してあります。

気密性向上のためにすべての箇所に施工してあります。
P7070010.JPG

お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

バナー1.jpg

本バナー.png

現場リポート 二世帯住居

瓦工事も進み仮設足場の二次工事です。
P6250001.JPG

遮熱シートを貼り外壁下地。

大事な通気を確実に取ります。

通気用の縦桟はセルロースファイバー断熱材のふくらみを考慮して通常より3ミリ厚い18ミリを使用しています。
P6250002.JPG

外壁がガルバニュームの部分には耐火ボードが張られます。
P6180018.JPG

お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

バナー1.jpg

本バナー.png


現場リポート 店舗兼住居

店舗部の天井下地。

「天井を高くしたい」とのご希望で束見せ天井に。

P6180016.JPG

天井の石膏ボード張り。

画像では分かりにくいですが仕上げ材のひび割れ抑制のため交互に張られています。
P6180013.JPG

セルロースファイバーの準備(シート貼り)も完了。

外壁施工後、セルロースファイバーを吹き込みます。

現場がきれいで気持ちが良い!
P6180017-001.JPG

お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

バナー1.jpg

本バナー.png

上北野の家 上棟

上北野の家が上棟しました。

梅雨時期で天候を心配していましたが晴れてよかったです!

今回は二世帯住宅ということで建物も大きく、職人さん13人での作業です。

屋根勾配も急なため、1日で屋根の防水紙まで施工できるかどうか・・・。
P6130002.JPG

木造住宅の快適さに鉄骨の強さを融合したプレセッター工法。
P6130004.JPG

剛床工法。

従来の根太(タルキ)工法よりも強度が高く、床の音鳴りも軽減されます。
P6130005.JPG

無事防水紙まで施工できました!

効率よく動いてくれた職人さん達、天気にも恵まれ良い上棟となりました!
P6130010.JPG

お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

バナー1.jpg

本バナー.png


上北野の家 配筋検査

「上北野の家」基礎配筋検査です。

設備屋さんも配管施工に間違いがないか確認に来ていました。
P5260024.JPG

こちらは外構フェンスの根本になるブロック工事の基礎工事です。

境界線よりも15ミリ敷地側に入れて施工します。
P5260023.JPG

お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

brooklynstyle-002.jpg

バナー1.jpg

本バナー.png

躯体検査

店舗兼住宅の上部躯体検査がありました。

第三者10年保証の必須検査です。

構造・耐震・防水など隠れてしまう部分の検査です。

屋根裏になってしまう部分の小屋筋交い(雲筋交い)。

小屋組みの横倒れ防止施工です。
P5250014.JPG

設計通りの金物が付いているかの確認。

ビスの本数まで決まっています。
P5250017.JPG

耐震に重要な筋交の確認。
P5250009.JPG

大引きの厚み分セルロース断熱材を施工します。

厚みは9センチ、遮熱シートの下には落下防止の桟が施工してあります。
P5250010.JPG

お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

brooklynstyle-002.jpg

バナー1.jpg

本バナー.png


店舗兼住宅上棟

森田北東部での上棟です。

快晴!天気が良いとはかどります!
P5160001.JPG

通し柱と梁の接合部はプレセッターという専用金具を使用しています。

昔ながらですと「ほぞ穴」という欠きこみを柱に施すため、柱字体の強度が弱くなります。

断面欠損を最小にして耐震性・耐久性を向上させる仕様です。
P5160002.JPG

91センチおきに構造材が施工され24ミリの合板で建物の剛性というものを取ります。

この仕様も昔ながらの施工よりも強度が増します。
P5160003.JPG

夜から天気が下り坂とのことですが、屋根の防水紙まで施工でき安心です。
P5160005.JPG

お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

brooklynstyle-002.jpg

バナー1.jpg

本バナー.png

上棟前準備

上棟前の準備は何かとあります。

現場確認はもちろんですが、それ以外にも近隣挨拶や付随してくるもの。

上棟にはレッカーで材料を吊るので、近くに電線がある場合は電線に「防護管」というものを取付依頼をします。

森田の現場では、電線以外にも高圧線が通っているので北陸電力と現地打ち合わせ。

関係者に注意事項を連絡し、当日は担当者立ち合いとなりました。

P5140002.JPG

現場の方は土台伏せが完了しています。

防水紙にて雨養生も完璧です!
P5140001.JPG

お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

brooklynstyle-002.jpg

バナー1.jpg

本バナー.png

梁見せ天井先行塗装

昨日、店舗兼住宅の梁見せ天井先行塗装を施してきました。

モデルハウス1号の時は上棟後に塗装したので先行塗装の3倍以上の労力がかかりました・・・。

段取り八分ですね!

当社の床・建具・棚・柱・梁などに使う塗料は植物オイル=国産自然塗料です。

主成分は食用でも使われる亜麻仁オイル。赤ちゃんやペットが舐めてしまっても大丈夫!

また浸透性塗料のため木の呼吸を妨げず、撥水性があるので無垢の木を汚れから優しく守ります。

施工は塗ってふき取るという2段階施工。

良い塗料のため塗料代も高く、施工も2段階方式のためコストがかかりますが、そこを自社施工することでお客様負担にならないようコストダウンに励んでいます。

今回は住宅部と店舗部、また外装(屋根)部もあるので2.5日かかりました。

来週上棟!気を引き締めて!

お問い合わせはこちらです。
Tel : 0778-52-5507
Email : info@nature-ie.com

brooklynstyle-002.jpg

バナー1.jpg

本バナー.png


« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

カテゴリー

月別アーカイブ

かわいい家photo

ナチュレホームについて

社長Blog
フェイスブック